花粉症鼻づまりの対策方法

花粉症はくしゃみ、鼻詰まり、目の痒さ、白目が腫れる・・・と症状は様々で、しかもそれが一辺に出る事もあり、本当に辛い物です。

中でも鼻詰まりの鬱陶しさといったら、余程何かに没頭しているか、あり得ない程緊張するような事に出くわしでもしない限り、忘れられるものではありません。

片方だけでも息苦しいのに、両方の鼻が詰まった時の苦しさは花粉症の人しかわからないのではないでしょうか?

それでもくしゃみはしょっちゅう出ます。その一瞬だけ鼻が通りますが、すぐに又両方の鼻が詰まってしまいます。

仕事などをしていない時なら、横になって片方ずつ鼻を通すことは出来ます。

普通の鼻詰まりと違ってすぐには通りませんが、ゆったり構え、鼻のサイドの骨をトントン叩いていると、鼻が通ります。

丁度小鼻の上、軟骨が始まる所です。

両方詰まっていると口で息をしながらなので、喉を傷めないように部屋は乾燥しないように気を付けましょう。

長い時は30分位掛かる事もざらですが、気長にトントンします。

片方が通ったら、反対側を上にして又軟骨をトントンします。ただ横になっているだけでも鼻が通る事はありますから、疲れたらそのまま横になっていれば良いのです。

ただ、花粉が飛んでいる時期なので、鼻詰まりが治っても又すぐ詰まってしまいます。

仕事で辛い時は、市販薬でも耳鼻科で所掌して頂いても良いので、鼻にシュッとスプレーする点鼻薬を持ち歩くのをお薦めします。

以上が私がおすすめする花粉症鼻づまりの対策方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です